才教学園の事件はやはり自作自演か怨恨のもつれの可能性


才教学園の事件は自作自演

最近の気になるニュース。長野県の才教学園という私立で小中一貫の学校がある。
先日、刃物を持った男が女性教諭(38)を刺して逃亡というニュースがあった。
これは、一般的に言えばかなり大きなニュースであり、また学校で大きな被害を出しかねない程のニュースだったのだ。
しかし、それ以来、犯人像の公表もなければ、一切の進展情報が出てこない。
一体何が合ったのかを考えてみた。

才教学園の事件は自作自演の可能性

まず考えられるのが、狂言自作自演の類。
これは、学校教諭という職業柄、かなりのストレスをためるのも事実。
そういう環境の中で女性教諭の自作自演の可能性も大きい。

男女のもつれからきたのかも?

また考えられるのが、不倫などの男女のもつれから、
女性教諭は、犯人が誰かわかっている場合。
これは、公になってしまえば困る人も出てきたりする。
警察が一切情報公開をしなかったり、また報道では、当日はヘリや警官がきたものの、
翌日あたりからは大分そんな警備も手薄になったみたい(学校はしばらく休みになったみたいだが)

いろいろといわくつきの才教学園

才教学園といえば、小中一貫校であったのだが、
中学の教員資格を持たない教育者が指導をしたことで問題になったことがある。
また最初はかなり山奥にあった校舎も今はまちなかに出てきたみたいだ。
学校として、公明正大でなくてはならないのに、こう見ていくとなかなかいわくつきな学校に思える。

二度あることは三度ある。

また数年後に何かしらの事件が怒らなければ良いのだが…


PAGE TOP