映画実写BLEACH福士蒼汰、監督がGANTZの佐藤信介で2018年夏公開|あらすじネタバレ


BLEACHが2018年福士蒼汰主演で実写化

BLEACH2018年夏に実写映画として公開されます。
今回の記事では、あらすじネタバレ各キャストなどをご紹介していきます。

原作は、「週刊少年ジャンプ」で2001年から連載を開始し、瞬く間に国民的人気コミックへと上り詰め、
全74巻でシリーズ累計発行部数9,000万部と圧倒的人気を誇る同名の漫画作品。

主人公・黒崎一護に福士蒼汰
映画実写BLEACH主演・福士蒼汰、監督がGANTZの佐藤信介で2018年夏公開|あらすじ

主人公・黒崎一護を演じるのは、数々のヒット作に主演し、
映画『無限の住人』では見事な身のこなしで激しい斬り合いを魅せ、新境地を切り開いた福士蒼汰。

福士は「一護の特徴である髪色は絶対に外せないポイントなので、監督やスタッフと話しあい、何回もブリーチをして、色を加えながら、試行錯誤を重ねました。死覇装や制服など身に付けるものも細部まで拘り、一切妥協せずにまずは外見から“一護”というキャラクターを作りあげました。」と、自身もこだわり抜いたビジュアル面の役作りについて明かしている。

『GANTZ』の佐藤信介が監督

メガホンを取るのは、『GANTZ』や『アイアムアヒーロー』などを手がけてきた佐藤信介。ド迫力のアクションと、『GANTZ』をはじめ数々の作品を手掛けた日本最高峰のCGチームにより作られる壮大でリアルな世界観のもと、満を持して実写化に挑戦する。

作品情報

映画『BLEACH』
公開時期:2018年夏
原作:「BLEACH」久保帯人(集英社 ジャンプ コミックス刊)
監督:佐藤信介
出演:福士蒼汰(黒崎一護役)
©久保帯人/集英社 ©2018 映画「BLEACH」製作委員会

実写版BLEACHのストーリーあらすじはソウルソサエティ編か

実写版BLEACHの画像や予告編を見るに、
一護の形状や武器からしてみると、これは朽木ルキア奪還のソウルソサエティ編であることが濃厚。
ということは、キャストとして

◯黒崎一護(くろさき いちご):福士蒼汰
本作の主人公。オレンジ色の髪(地毛)とブラウンの瞳を持つ。虚(ホロウ)に襲われた際に朽木ルキアから死神の力を譲り受け、以後彼女の代わりに死神の仕事を行う。幼い頃からすこぶる霊感が強い体質で、霊を見ることができるだけでなく、霊に触れたり話すことができたりもする。
後に自分自身の死神の力に目覚め、自力で死神となって闘っていく。

◯朽木ルキア(くちき ルキア):
護廷十三隊の十三番隊に所属し、現世・空座町を担当していた死神。黒崎一護が死神になるきっかけを与える。
死神の力が戻るまでの間、死神の代行になった一護をサポートしていたが、自身の力が戻ってからはともに戦う仲間となった。現在は十三番隊隊長に昇進。

◯井上織姫(いのうえ おりひめ):
一護のクラスメイトで一護に好意を寄せている。一護の死神の力に触発され、自らの意思の力により事象を「拒絶」する霊能力「盾舜六花(しゅんしゅんりっか)」が目覚める。

◯石田雨竜(いしだ うりゅう):
絶滅したはずの対虚退魔眷属・滅却師(クインシー)の生き残りの一人。師匠を見殺しにした死神を嫌っており、一護に対してはある程度の理解はあるもののライバル心を持っている。一護のクラスメイトで3年時には生徒会長。手芸がとても上手。

◯茶渡泰虎(さど やすとら):
一護のクラスメイトで中学生時代からの親友。通称「チャド」。大柄で怪力と頑丈な体が特徴。中学の時の一護とチャドといえばとても有名。一護と行動を共にするにつれ、その両腕の秘めたる能力を開花させていく。

◯阿散井恋次(あばらい れんじ):

◯朽木白哉:

◯浦原喜助(うらはら きすけ)

◯四楓院 夜一(しほういん よるいち)

ココらへんはキャストとして登場しそう。
なお、ラスボスは白夜で一護が卍解して決着がつくところまでをやると思われる。

となると、気になるのが他のキャストであるが、
他のキャストはどんな感じになるだろうか?


PAGE TOP