食戟のソーマ222話ネタバレあらすじ 一色と女木島と田所|最新話


食戟のソーマ222話ネタバレ 一色と女木島と田所

食戟のソーマ最新話222話のネタバレです。

一色から女木島の居場所を聞き出す創真
所要で北海道に来ていることがわかり今すぐ会いに行くとえりなに告げる
えりな曰く女木島は必要な戦力だが味方に引き入れるのはむずかしいだろうとの事
えりな「女木島冬輔――またの名を食戟嫌いの料理人」

旭川にやって来た創真と田所
女木島が泊まっている旅館に行くも地元の人間に遠月の人間というだけで目の敵にされる
遠月の権力を手に入れた薊は手始めに北海道の飲食店とパートナーシップを締結していた
セントラルの指示に従わない飲食店に対し仕入れ先に圧力をかけるなどの嫌がらせを行い営業を妨害
閉店寸前に追いやられた店の数は10や20どころじゃないと住人は語る
そんな窮地に現れたのが女木島だった
もともと女木島は自身のラーメン道を究める為日本全国を屋台を引き修業に明け暮れていた
行く先々で経営難に陥った店を救う内に彼の名は全国に広がることになる
日本中のラーメン店主から絶大な信頼を受け若大将や組長と呼ばれるラーメン界の若き王となった
自信の人脈を総動員し流通ルートを確保してやると彼等に告げる女木島
そこへ創真と田所がやってきて改めて連隊食戟に参加してほしいとお願いするもやはり拒否
女木島「俺のラーメンを戦闘の道具にしたくねえんだよ」
友達の退学がかかっているのでどうか力を貸してほしいと頭を下げる田所
ラーメン界を救うので手一杯だと突き放す女木島
俺が一席になってラーメン界に融通を利かしますと宣言する創真
口だけの奴は嫌いだと告げる女木島にラーメン勝負を挑む創真
後輩への躾だと言い勝負を引き受ける女木島
結果は女木島の圧勝

それでも諦めない創真は自分が勝つまで何度でも勝負すると言い放ち女木島に挑み続ける
創真との勝負を続けるうちに彼の熱意が伝わったのか女木島は連隊食劇への参加を表明する

女木島「約束しよう。その連隊食劇において勝利の為に全力を尽くすと」


PAGE TOP